予防接種が受けられなかった場合の対処法です。

ちびっこ育児の体験記 ちびいく
サイトマップはこちら
トップ > 小児科と予防接種  >

予防接種を受けられなかったら・・・

予防接種が受けられない場合とは

予防接種を受けられない場合
  • 熱が37.5度以上ある
  • はしかなど重い感染症にかかり1ヶ月以上たっていない
  • 初めてのけいれんを起こして日が浅い

赤ちゃん〜幼児は平熱が高いのですが、それでも37.5度以上ある場合は発熱とみなされ、予防接種が受けられません。
はしかなどの重い感染症にかかった場合は、1ヶ月以上おかないと免疫力が弱まっているため、ワクチンの効果が得られにくいとされ、予防接種が受けられないことがあります。
始めてのけいれんを起こした場合、「熱性けいれん」と診断されていれば、予防接種を受けることが可能ですが、そうでない場合は2〜3ヶ月様子を見たほうがいいでしょう。

集団接種が受けられなかったら

集団接種がもし発熱などで受けられなかった場合にも、あせらずに今後のスケジュールを見直しましょう。
多くの予防接種は、接種するべき期間を長期間設定しているので、今回受けられなくても半年後、1年後に受けられます。
市役所などのスケジュールを再確認し、受けておくべき他の予防接種を先に済ませてしまいましょう。





トップページへ戻るこのページの上部へ戻る次のページへすすむ
当サイトは、ロリポップ! レンタルサーバーで運営しています。
Copyright (C) 2007 ちびいく ちびっこ育児の体験記 All Rights Reserved.
予防 接種 受けられない 

カスタマイズtemplate ぴ〜333
template配布  ぴ〜333