赤ちゃんの予防接種風疹の説明と体験談をまとめました。

ちびっこ育児の体験記 ちびいく
サイトマップはこちら
トップ > 小児科と予防接種  >

風疹の予防接種

風疹

風疹(三日はしか)を予防します。風疹は妊娠初期に感染すると胎児が心奇形・目の異常・難聴などの先天性風疹症候群になる可能性があるので風疹にかかったことのない女性は妊娠前に予防接種が必要です。
標準接種時期:生後12ヶ月〜90ヶ月
種類:個別接種
ワクチン:生ワクチン(1回接種すればほとんどの人に一生有効な免疫をつけることが可能といわれている。)
回数:1回

【体験談】
1才4ヶ月で接種しました。もうこの頃になると、お医者さん嫌いになっていて、結構大変でした。
これも個別接種でお知らせとか何もないので、しっかりスケジュールに組んで行き忘れがないようにしましょう。

2006年4月から麻疹・風疹の予防接種のシステムが大きく変わります

現在、1歳から7歳半未満のお子さんは、麻疹(はしか)と風疹の予防接種を定期接種として受けることができます。

本年(2006年)4月からこの制度が大きく変わります。

今まで、「1歳になったらすぐに受けましょう」と言われていた麻疹・風疹の予防接種が、混合ワクチン(MRワクチン)によって1回ですむようになります。
しかし、どちらか一方しか受けていない場合は、4月以降、単体のワクチンは任意接種となってしまうため3/31までに受けるのがいいと思います。

まだ麻疹と風疹の予防接種を受けていないお子さんは、かかりつけ医とよく相談し、現在のワクチンで接種するか、新しいワクチンで接種するか決めましょう。

2006年4月以降、定期の予防接種としては、新しい混合ワクチンになり、今までの風疹、麻疹単体のワクチンは任意接種にかわり、定期の予防接種では使用されなくなります。
詳細は、各市町村にお尋ねください。




トップページへ戻るこのページの上部へ戻る次のページへ進む
当サイトは、ロリポップ! レンタルサーバーで運営しています。
Copyright (C) 2007 ちびいく ちびっこ育児の体験記 All Rights Reserved.
風疹 予防 接種 乳児 1 歳 才 赤ちゃん

カスタマイズtemplate ぴ〜333
template配布  ぴ〜333