« 今回はこむらがえりがあまりない | メイン | 【出産準備】ベビーズダイアリー »

2006年11月15日

●カンジダ膣炎と診断されました。

妊娠29週の検診で「カンジダ膣炎」と言われました。
塗り薬を処方されました。

カンジダ膣炎とは
真菌というカビの一種が原因で起こります。
この菌はいつも膣内にいる常在菌で抵抗力の落ちたときや抗生物質を使用した時になどに発生します。
ふだん、膣内は酸性に保たれていて自浄作用があるのですが、妊娠中は膣内の環境が変わるため、カンジダ膣炎にかかりやすい状態になっています。
お産までに治っていないと、産道で赤ちゃんに感染して、口の中がカビで白くなる「がこうそう」になったり、おむつかぶれがひどくなります。
外陰部の清潔を心がけましょう。(たまひよ妊娠大百科―たまごクラブ

また、先輩ママきょんさんからのコメントをもらって思い当たったのが、おりものシート。
尿漏れが気になるので、おりものシートを使っていたから通気が悪かったのかもしれない。
出産までにはなんとしても治したいので、おりものシートの使用はやめて、
清潔を心がけます!

関連記事
 arrow063_06.png 妊娠32週(9ヶ月) 尿もれと破水の違い
 arrow063_06.png 妊婦の尿漏れ対策に布ナプキン



PR:女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム
バナー原稿 300×250 (130725)imp

【同カテゴリー最新記事5件】

« 今回はこむらがえりがあまりない | メイン | 【出産準備】ベビーズダイアリー »