« 超音波写真 26週目 | メイン | いくらでも寝れる »

2006年10月27日

●貧血とは?鉄分補給のために

妊婦は貧血になりやすい


先日の健診で「貧血」と診断されました。
先生は、
「赤ちゃんに栄養取られるから仕方ない」
と優しくおっしゃってくださったのですが、鉄剤とか注射とか
なるべくしないで食事から取っていこうと思います。

貧血とは・・・


貧血のことを、俗に『薄い血』といいます。

血液は様々な成分から出来ていますが、一番多いのが「赤血球」です。
赤血球はヘモグロビンを含み、その主成分となっているのが鉄です。

鉄は、体内に4gしかない微量元素で、たんぱく質と結合して、肝臓などに貯蔵鉄として存在するほか、赤血球中にあって酸素を体内に運ぶ役割をしています。

貧血とは、何らかの原因で赤血球の減少する病気のことを言います。

貧血の原因


赤血球がすくなる原因は、主に『鉄欠乏症貧血』です。
出血や妊娠・分娩・授乳・成長・あるいは食事中の鉄分不足によって起こります。
鉄は体内で作り出せないので、不足分は食事や薬剤によって鉄分を補充することになります。

女性に多い鉄欠乏症貧血


血液中の鉄の欠乏は、発育期の男女と受胎可能年齢の女性によく起こります。
この理由は、これらの人々は鉄の必要度が高いため、食物からの鉄だけでは鉄分が不足するからだと言われています。

妊娠期:この時期の貧血は、未熟児出生や乳児貧血の発言など、多くの悪影響が現れるもとを作り出します。鉄分の多い献立に留意し鉄剤の服用も考慮するなど、鉄分の補給を心がけましょう。

妊婦が一日に必要な鉄所要量

  • 妊娠前期:15mg/日
  • 妊娠後期:20mg/日

貧血と診断される値:ヘモグロビン濃度11以下

鉄分の多い食品


  • 小麦胚芽
  • 豆腐
  • いんげんまめ
  • かぼちゃの種
  • 鶏卵
  • 調製粉乳
  • 豚レバー
  • 煮干
  • きのこ類
  • ひじき

ほうれん草やチーズなどにも含まれているが、体内への吸収率が悪い

鉄分摂取時の注意点


  • コーヒーやお茶と一緒に摂取すると吸収率が悪くなる
  • 肉と一緒に摂取すると吸収率がよくなる

私の選択


レバーが苦手なので、ひじき・ほうれん草・卵を積極的に取るようにします。
それから、おいしっくすのはちみつりんご酢♪+Feiconを飲むことにしました。

2006_1024AG.jpg

以前、おためしセットを注文して感激したおいしっくすの商品です。(⇒おためしセット購入レビュー

りんご酢も体によさそうだし、リンゴジュースみたいな味だし、これで鉄分が補給できるなら毎日飲みます。
お酢を飲むこと自体、初めての体験だったのですが、
とっても飲みやすいし、量もそんなに多くないので、
きゅーっとお風呂上りに飲むのにちょうどいいです。

見た目リンゴジュースなので、息子にも取られます。
2006_1025AE.jpg
小さな子供もおいしく飲んでいるので相当飲みやすいんだと思います。
1日あたりのコストは120円。(30本入り注文で)

うまく鉄分補給ができない、私のようにレバーが苦手、鉄剤を飲むと便秘気味になってしまうという方にはおすすめです。

おいしっくすをまだ購入したことがない方はおためしセットもおすすめです。プレママ用のおためしセットもあるみたいですよ。⇒プレママ&ベビーおためしセット
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)



PR:女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム
バナー原稿 300×250 (130725)imp

【同カテゴリー最新記事5件】

« 超音波写真 26週目 | メイン | いくらでも寝れる »