小学3年生の長男がハマっている小説「ぼくら」シリーズ


トップページ > ママの日常 > 読書感想 > 小学3年生の長男がハマっている小説「ぼくら」シリーズ
2012年10月25日

  小学3年生の長男がハマっている小説「ぼくら」シリーズ

ぼくらの七日間戦争 (「ぼくら」シリーズ)

長男が今、毎回楽しみに読んでいる小説があります。
それが上記の「ぼくら」シリーズ

学校の図書館で大人気だそうです。
シリーズは結構な数があって、それなりに話が続いているようで、最初は6番目の本を借りてきて、「前の本を読んでないからちょっとわかんないところがある」みたいなことを言っていました。

今日は、ぼくらの七日間戦争を借りてきました。

なつかしいなあ!!!


私は映画版しか見たことないし、見たと言っても内容があんまりよくわかってないんだけど、有名な話だよね。これ、シリーズだったのかあ・・・。


「ぼくらの七日間戦争」を戦った1年2組の面々は、2学期に“1日1善運動”を始めた。大人のタバコやお酒を止めさせ、つぶれかけた幼稚園を老稚園にする計画を進め…。そして、殺人事件解決のため、暴力団と闘う。


英治たちは噂のUFOを見にいくが、仲間2人がUFOに連れ去られたように消えてしまう。TV局の矢場や老稚園の瀬川の協力で2人の奪還に向かう。背後に宗教団体の悪だくみが…。インチキな大人と戦う大救出作戦!!


「ぼくら」の仲間はいよいよ二年生に進級。新しくきた校長と担任真田の教育方針は、いまどき「手本は二宮金次郎」。厳しい規則をつくって生徒を取り締ろうとする教師たちに反発する英治たちは、「サナダ虫退治」を開始する。そんな中、真田に「殺人予告状」が届いて襲われた。さらに純子の弟光太が誘拐。だれが、なんのために?光太はどこに?英治や相原らは真相をさぐるべく、見えない敵との戦いに立ち上がる―。大人気痛快学園ストーリー第5弾。


と、順番に読んでいくと、登場人物たちの成長を追うことができるみたい。

それはそれはわくわくして読んでいて
「今日は早くお風呂に入って、出たら本を読みたいんだ。早く読まないと1週間で読み終わらないかもしれない!」
と言ってました。小学校の図書室の貸し出しは1週間なのか・・・。そうか。

がんばれ、長男。

 arrow063_06.png 「ぼくら」シリーズ



同じカテゴリーの記事

【この記事の含まれるカテゴリー: 読書感想
[13/02/15] [読]猫旅リポート
[13/02/03] [読]育乳ブラのブラデリス代表が書いた「ブラの力」読みました♪
[13/01/27] 2013年1月に読んだ本

投稿者 キティ : 2012年10月25日 20:11
前後ページへのリンク

<< 「ミーナ×きょん♪」コラボのカメラ女子リュック来た!!! | 水さえ無添加の100%自然成分化粧水「Lar ネオナチュラル ヒーリングローション」>>


▲ページのトップへ戻る
Copyright (C) 2018 ちびっこ育児の体験日記 All Rights Reserved.
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Supported by 楽天ウェブサービス
※当サイトはアフィリエイトシステムを利用しています