2011年3月11日(金)栃木県で被災した時の記録

カスタム検索

トップページ > 東日本大震災関連 > 2011年3月11日(金)栃木県で被災した時の記録
2011年4月 6日

  2011年3月11日(金)栃木県で被災した時の記録

震災から3週間。
うまく言葉にできず、記事にまとめられなかったけれど、
自分の記録として書いておくことにしました。



スポンサーリンク


3月11日(金)14時 地震前~地震が来た時のこと

午前中は、いつも通り、自宅で仕事。
その日は、ずっとできずにいたスピードラーニング英語の
フリートークに挑戦しました。
その後、その体験談を記事にしてアップ。

勇気を出して!初めてのスピードラーニング英語フリートークレポート|ちびっこ育児の体験日記

アップし終わったのが、14時17分。
その時、スカイプでチャット中の友人達にお知らせした時の記録。

[2011/03/11 14:17:03] キティ@栃木: レビュー書いたよ~
[2011/03/11 14:17:04] キティ@栃木: http://chibiiku.kittys.biz/blog/archives/archive/2011/03/11_135857.php

で、地震直後のスカイプで

[2011/03/11 14:47:20] キティ@栃木: 地震!

と発言したのを最後に停電しました。

この発言をした時は、まだ字を打てる余裕があったので
震度3とか4とかだと思いますが、
そのあとものすごい大きい揺れが来て、チャットどころではなくなりました。

家全部が揺れて、「やばい!」と思い、外へ出る通路を確保しました。

リビングから出られるドアの付近にいたのですが、
家の中からものすごいガチャガチャと何かが倒れる音が聞こえ、
叫びながら外へ出ました。

地震直後のこと・あり得ない状況

(何これ何これ?どうなるの?うそでしょ?信じられない!!!)

と思いながら家の中を見てみると、
重さ300kgの蓄熱暖房機が倒れて
すべての家具が動いていて、すべての物が床に飛び出ていました。


倒れた蓄熱暖房機


下の足が折れ、斜めになり、すべての引き出しが飛び出たキッチン。

こちらの記事参照。
壊れたキッチン / 洗い物を仕込み中|ちびっこ育児の体験日記


家中の家具が動き、物が散乱

あり得ないと思ったのは、
・蓄熱暖房機が倒れていたこと
・キッチンが倒れていたこと
・リビングの照明(ワイヤー吊り下げ式)のワイヤーが片方切れて、ぶら下がっていたこと

外へ避難・近所の人たちと

現実の出来事とは思えず、
でも、何かとんでもないことが起こったと思い、
とりあえず、上着を着て、パソコンとカメラ、貴重品の入ったバッグを持ち、外に出ました。

近所のママ友がすでに分譲地真ん中の空き地にいました。

「大丈夫?!」
「怖かったね!」
「家の中、超やばいことになってる!」

というようなことを話しました。

何度か家の中に入り、余震が来るとまた外に出て・・・ということを繰り返しました。

キッチンが倒れて、水道管が折れ、水が流れてキッチンが水浸しになっているのを発見。すぐに水道の元栓を閉めました。

玄関へ出る途中に日用品を入れている収納があるんですが、
その引き戸が2枚ともはずれて、中身が全部床に散乱していました。
どんなふうに揺れたら引き戸がはずれるんだろう?
とその時は不思議に思いました。

きっと家自体がねじれるように揺れたんだと思います。
うちの地区は「外見は大したことないけど家がねじれた」という被害が
あったそうです。

すでに停電し、誰とも連絡が付かない、
世の中がどういう状況になっているのかわからない状態でした。

当時スカイプでチャットをしていた友人たちは
私の住んでいる地区が6弱とニュースで知って
かなり心配していたと思います。ごめんなさい。
(実際にはたぶん隣の町の方に近いので震度6強だったんじゃないかと思ってます)

家族が集合するまで

当時、うちの家族はばらばらでした。
私は自宅、旦那さんは会社、長男は小学校、次男は幼稚園。
次男の園児たちは、ちょうどバスで帰ってくる途中でした。
うちの次男以外の分譲地の子は地震の直後にバスで帰ってきました。
次男は預かり保育に出していたので、まだ幼稚園。
長男も電車がすでに止まっていたので、小学校にいるはず。
近所の小学生は、ママ友に連れてこられて相乗りで帰ってきました。

うちの子供達だけ帰ってこない・・・。

寒いし、雪も舞っています。

かなり不安になり、しかし、二人とも幼稚園や小学校という
避難所にもなる場所にいるので、大丈夫だろうと思いました。

1時間くらい迎えに行くかどうしようか悩みました。
学校、幼稚園と連絡付かないし、信号は止まっていて
運転して迎えに行くことも危険。途中の道がどんなふうになっているかもわからない。

しかし、これからどんどん暗くなるのに
家族がバラバラで安否がわからないのが一番こわい、と思って
迎えに行くことにしました。

小学校に着くと、子供達は校庭にいました。
思ったより多くの子供たちが親の迎えを待っている感じでした。
子供達はちょうど下校集会をしていたようで、
大部分の生徒が外にいたようです。
一部の子は音楽室などにいて、怖い思いをしたそうです。

長男を引き取り、幼稚園に向かいました。

次男が担任の先生と一緒にいました。
お迎えが一番最後だったようで、遅くなってごめん、と思いました。
(後から聞いたら一番最後ではなかったようです)

次男を引き取り、渋滞しながらも家に帰ることができました。
迎えに行く途中、ファミリーマートにすごい人がいるのを見て
「食材を仕入れておかないとまずいかも」
と思いましたが、一刻も早く家に帰りたかったので
どこにもよらず帰りました。

分譲地につき、みんなが不安でどうしようもなかったけれど、
テントを出してくれるおうちがあったので、空き地にテントを張り、
子供達をその中で遊ばせました。

その時の携帯の送受信を確認してみたら、旦那さんからメールが来てました。
「大丈夫ですか?こちらは大丈夫です」とのこと。16時過ぎです。
しかし、たぶん、その時はどこともメールの送受信ができなかったと思うので
このメールは後から届いたんだと思います。

私も実家にメールしましたが、届いたのかどうかはわかりません。

余震が続いている中、暖をとれるようにと
上着を取り、軽く家の中を整理しました。

納戸を片付けていると、どんどん暗くなっていき
懐中電灯の必要性を感じました。

日用品の収納棚も壊滅状態になっている中、
なんとか2つ懐中電灯を見つけました。

それから、携帯電話の充電ができるようにと、
パソコン、手回し充電機、替えのバッテリーなどを用意。

暗くなる間際に旦那さんが会社から帰ってきました。

第一声が「大丈夫?!」ですごく心配だったんだな、
会社も大変だったんだなと察しました。
そして無事に帰って来てくれて、本当に良かったと思ったし
頼もしいと思いました。

震災の日の夜

暗くなって行き、家の中にも入れないので、
持ち寄ったカップ麺などで夕飯をすませました。
分譲地内で1件だけお水の出るおうちがあって
そこのトイレや水道水を借りました。

携帯メールやツイッターで無事を告げました。
実家の両親、姉妹の無事も確認できました。

Twitter / @キティ by ちびいく: 家族全員無事です。 ...

携帯から観るニュースでは、
津波で浜辺に200人~300人の遺体というくらいしか
わからない状況でした。

Twitter / @キティ by ちびいく: 余震がまだあるし家の中が大変なことになっているので空 ...

某SNSで日記も書きました。
友人みんなのコメントを読み、みんなの無事と励ましに勇気づけられました。

電気が復旧しないので、今日の夜はどうするか、
ということになりました。
車の中で寝る人、テントにいるという人がいました。
我が家も車の中で寝ようと思いましたが、
やはり寒いし狭いので、自宅で寝ることにしました。


Twitter / @キティ by ちびいく: 今は家の中です。余震がひどい。 ...

4歳の次男が地震を怖がっていて、テントの中にいても
真っ青な顔でガタガタと震えてしまっていました。
泣いたりはしなかったけど、ひどくストレスを受けているのはわかりました。
夜は寝てくれました。

夜、布団に入って横になっている時に

みんなが無事で本当に良かった

と旦那さんに言いました。
あの状況でバラバラだった家族が
また集合出来たのは奇跡だ、と
心からそう思いました。

暖房が効かないのでとても寒く、余震も大きく、
眠れない夜でした。


後日談・記録は大事

あとになって後悔したことは
なぜ震災直後の写真を撮らなかったのだろう
ということです。悔やまれます。
その時は、いつものブロガー精神はこの緊急時に不謹慎か?と思ってしまって
躊躇したのだけど、「記録すること」がとても大事だとわかりました。

地震保険の申請や、市役所の罹災証明申請にも必要だし、
何より、自分たちの記録になります。

こういうときこそブロガー精神全開で行くべきでした。反省。

今頃こうして記事にしているのも
「記録することが大事」と感じたからです。

実は、すでに震災前後のことは思い出せません。
ショックが大きくて記憶から抹消されているのか
本当に細かいことがさっぱりわからないのです。

今後時間が経つにつれどんどん記憶は薄れていくと思うので
書けるうちに書いておこうと思いました。

Twilog
キティ by ちびいく(@kitty_1977)/2011年03月11日 - Twilog
キティ by ちびいく(@kitty_1977)/2011年03月12日 - Twilog
キティ by ちびいく(@kitty_1977)/2011年03月13日 - Twilog
キティ by ちびいく(@kitty_1977)/2011年03月14日 - Twilog


スポンサーリンク



同じカテゴリーの最新記事5件

【この記事の含まれるカテゴリー: 東日本大震災関連
[12/03/11] 3.11から1年たちました
[11/06/08] キッチン、蓄熱暖房機、エコキュートがやっと直りました
[11/05/30] 1000smiles(せんすまいるず)完成動画♪素敵な動画です。^^
[11/05/13] 一向に直らない我が家の設備たち
[11/05/02] 長寿の里 霧島 火山岩深層水 届きました

お知らせ

コメント欄は閉じています。管理人へのメール、感想、広告掲載の問い合わせはこちらからお願いいたします。
管理人キティへのメール・問い合わせ・広告掲載依頼はこちら
広告掲載・レビュー依頼についての注意事項
この記事を書いた人
キティ
arrow063_06.png キティのプロフィールを見る
arrow063_06.png Twitterでキティ (@kitty_1977)をフォローする
arrow063_06.png キティへのメールはこちら
投稿者 キティ : 2011年4月 6日 08:37
前後ページへのリンク

<< 被災地の子供達への支援「希望のえんぴつプロジェクト」 | 低刺激で使いやすい化粧品のトライアルセット>>


ナビゲーション

トップページ > 東日本大震災関連 > 2011年3月11日(金)栃木県で被災した時の記録


▲ページのトップへ戻る
Copyright (C) 2015 ちびっこ育児の体験日記 All Rights Reserved.
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Supported by 楽天ウェブサービス
※当サイトはアフィリエイトシステムを利用しています