経験しておくと、いざという時に慌てなくてすむ布ナプキン


トップページ > エコ・ロハス・ナチュラルライフ > 布ナプキン > 経験しておくと、いざという時に慌てなくてすむ布ナプキン
2011年4月 4日

  経験しておくと、いざという時に慌てなくてすむ布ナプキン

20100715020.jpg

私は現在布ナプキンを愛用しています。

地震が来た時、近所のママ友が
「みんな生理は大丈夫?」
って聞いてくれました。

その時の彼女の機転のきいた質問。
今、改めてすごいと思います。

避難所での弱者は、
赤ちゃんや、授乳中のママ、そして生理中の女性である
あるニュースで報じられていました。

ある意味そうかもしれない、と思いました。

私は運よく被災中は生理ではなかったので
その点は困りませんでしたが、
もし今でも紙ナプキン使用者で、生理中もしくは、そろそろ生理が来る、という時期に
あのガソリン不足と、生理用品の欠品に遭遇したら
かなり焦ったかもしれないと思いました。
(実際大変だった方もいらっしゃると思います。)



スポンサーリンク


布ナプキン使用者でも、実際にはお水がないと
洗えないので使用済みのものをどうするんだ?
ということになりますが、
布ナプキンは非常時は処分してもかまわないんですよ。

もし、一枚1000~1500円もする布ナプキンを捨ててしまうのは・・・
と思うのであれば、布なら何でもいいから
使い古しの物を使えばいいと思います。

「所詮、ただの布だ」

とわかっていれば、タオルでも、ハンカチでも
古着でも何でも代用できるのです。

また、私は個人的に「月経血コントロール」というのも実践しているので
水道水が復旧し、月経血をトイレで排せつできるようになれば
ナプキンを使う量はぐんと少なくなります。

ごみを出さない、という点でも
消耗品を必要としない、という点でも
このトイレで排せつはやってみていただきたい。

一度、布ナプキンや月経血コントロールを実践しておくと
非常時に慌てる要素が少しは軽減するのではないか?と思います。

今も、生理用品は品薄で、被災地にもどんどん救援物資として
送られていることと思いますが、
被災していない方は、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

参考記事
月経血コントロールとは&関連書籍紹介
【フェリシモ】初心者向け布ナプキン フェリシモnanoka.
7.はじめてセットの口コミ 記事一覧



フェリシモ「コレクション」(頒布会)


スポンサーリンク



同じカテゴリーの記事

【この記事の含まれるカテゴリー: 布ナプキン
[12/12/28] 布ナプキンが気になっているあなたへおすすめしたい3つの理由
[12/03/09] シルクパーティさんのシルクコットン布ナプキン 口コミレビュー
[11/04/04] 経験しておくと、いざという時に慌てなくてすむ布ナプキン

投稿者 キティ : 2011年4月 4日 16:15
前後ページへのリンク

<< 靴のチャリティセール/送料無料、99日間返品無料のロコンド | 被災地の子供達への支援「希望のえんぴつプロジェクト」>>


▲ページのトップへ戻る
Copyright (C) 2018 ちびっこ育児の体験日記 All Rights Reserved.
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Supported by 楽天ウェブサービス
※当サイトはアフィリエイトシステムを利用しています