我が子の初節句。うちではこんな祝い方をしました。

ちびっこ育児の体験記 ちびいく
サイトマップはこちら
トップ > 成長が楽しい赤ちゃん時代 >

初節句のお祝い

初節句って?

子どもが生まれて初めて迎える節句のことで
女の子は3月3日の桃の節句
男の子は5月5日の端午の節句 のことを言います。
・・・ま、言葉どおりですね。
生まれたばかりの赤ちゃんの初節句のお祝いは、翌年にしてもいいそうですよ。

この節句のお祝いというのは江戸時代からの慣わしだそうで、初節句の飾り物(雛人形やよろいかぶと)は母方の実家から贈られるものだったそうです。
しかし、今では飾り物が高価になり、経済的負担も考えて両家で折半する人も多くなっているようです。

我が家の初節句

我が家の初節句は、息子が9ヶ月のときでした。
GWだったので旦那の実家に帰省中に迎えました。
旦那のかぶとが飾ってあって結構立派でびっくり。
「持って帰る?」
と聞かれましたが、我が家には置くスペースもないし、一体どうやって手入れをしたらいいのかわからないので
「いえ、いいです。」と丁重にお断りしました。
(2回目の節句のときには飾られてなかったなぁ・・・)

そして、この初節句のころ、はじめて「たっち」できました。
私の実家に遊びに行ったときのこと。
じいじもばあばもそしてもちろん私も大喜び♪

こんなの作りました



えっと・・・
一応鯉のぼりです。
見えます?

フエルトでちくちく縫って作りました。
親が何もしてあげないのはかわいそうかな〜と思って、不器用ながら作成。
裏には「2004○○○」と息子の名前が貼ってあります。

出来上がったときは嬉しくて、
「見て!見て!」
と息子に渡しましたが、なにせ9ヶ月の赤ん坊。
手に持ってにぎにぎしたあとは、「あーん」と口の中へ・・・


そして、うろこが取れ、目玉が取れ、ボロボロに・・・チーン・・・

まあ、、、いいさ。

気に入ってくれたのなら・・・

そんなもんだよ。しょせん私の手作りおもちゃなんてさ。

powerd by 楽や

男の子の初節句「端午の節句」

五月人形・こいのぼりの選び方のコツって?

「まず、置き場所を決める。それから価格や流行ではなく、自分の目を信じる。第一印象を大事にして、自分が『いいな』と思ったものを選ぶ。

powerd by 楽や
powerd by 楽や

五月人形・こいのぼり特集【トイザらス・ベビーザらス】
トップページへ戻るこのページの上部へ戻る次のページへ進む

当サイトは、ロリポップ! レンタルサーバーで運営しています。
Copyright (C) 2008 ちびいく ちびっこ育児の体験記 All Rights Reserved.
初節句 お祝い 選び方 ディズニー 五月人形 雛人形 端午の節句

カスタマイズtemplate ぴ〜333
template配布  ぴ〜333