離乳食が悩みだった私、ベビーフードの購入を迷いました。

ちびっこ育児の体験記 ちびいく
サイトマップはこちら
トップ > 成長が楽しい赤ちゃん時代 >

ベビーフード 買う? VS 買わない?

ベビーフードってたくさんあるのね

赤ちゃんが生まれるまで気にしたこともなかったけれど、ベビーフードってものすごくたくさん種類があるんです。
私は、「離乳食を作らなきゃいけない」とずっと思っていたから、ベビーフードには目もくれなかったんですけど、知り合いがベビーフードを良く使っていると知ってから、どんなものがあるのか興味が湧きました。

興味を持った頃はまだ息子も小さかったので、おかゆとか、だしとかがメインでしたが、9ヶ月頃になるといっちょ前のメニューがずらりと並んでいます。
和風・洋風・中華など、「こんなの食べたことないぞ」と思うものがたくさんありました。

果たして必要なのかしら?

さて、ベビーフード、果たして必要なのでしょうか?
育児本を見たり、雑誌の付録、インターネットを活用すればなんとなく離乳食も作れそうな気がしました。
だって、食べるのだって少ないし、つぶしたり、切ったりすればいいんでしょ?と思ったんです。

離乳食を作るのも大変です

いざ、作ってみると、これがとっても大変でした。
特に、おかゆ!!
ご飯からお粥を作るのも、炊いたご飯を包丁で細かくして、おなべでことこと煮ることしばし。どろっとした感じでいいのかな〜と思って、食べさせても息子は全く食べない!
うーん、なぜだ?こんなに手間をかけたのに。
かぼちゃやさつまいも、ゆでた人参なんかは結構食べてくれるけど、おかゆだけはだめだったんです。
日本人の主食。このままでいいわけがない。

結論!

結局、「おかゆ」だけベビーフードに頼ることにしました。
市販のベビーフードのおかゆは、粉末状で、お湯の量によって固さが決まります。これなら食べる分だけ作ってあげればいいし、下触りがなめらかなのか、息子もよく食べてくれました。
おかゆだけなら経済的にもそんなに負担になることもなく、かなり助けられました。

数々の素晴らしいメニューは、数回買いましたが、あまり食いつきが良くなく、もったいないので買うのはやめました。
赤ちゃんも、好き嫌いがあるのね〜と変な感心をしました。

買ってよかったベビーフード

おかゆ

離乳食に突入してから、初めはがんばっておかゆを作っていましたが、全然食べてくれなくて(どうやら歯ざわりがいやだったらしい)、試しに買ってみたのがおかゆ。ベビーフードのおかゆはお湯の量を調節すれば固さが変えられるので、便利です。子供もたくさん食べてくれるし、私も楽でした。

赤ちゃんせんべい

まだ固いものは食べられないころに、赤ちゃんせんべいを買っていました。お出かけのときや帰省のときのように、離乳食をあげられないけどおなかがすいたという時に便利でした。ただ、子供がおいしいと覚えてしまい、催促されてついついあげ過ぎてしまうというデメリットが・・・。





トップページへ戻るこのページの上部へ戻る次のページへ進む
当サイトは、さくらインターネット レンタルサーバーで運営しています。
Copyright (C) 2009 ちびいく ちびっこ育児の体験記 All Rights Reserved.
ベビーフード 赤ちゃん 買う おかゆ せんべい 瓶 詰め ペースト

カスタマイズtemplate ぴ〜333
template配布  ぴ〜333